読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日直地獄

小学校では事件が起きる

認識の瑕疵

文章の単語に片っ端から反応してWikipediaに繋げまくってみる。夜の項が興味深い。目玉にはありとあらゆる星の光が飛び込んできているわけだけど周りが明るいとその波はうずまってしまって認識することが出来ない。同じように、ドライヤーをかけているときは自分の歌声は聞こえない。人には丸聞こえなんだけどね。むしろ音量増量中。しかし迷惑ではあるが、ほほえましい瞬間でもある。何が言いたいのかというと、僕には雑音が多すぎて好きすぎて認識できないことが多すぎるので誰かどうか真相を暴いてください。それだけが私の望みです。ということ。