読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日直地獄

小学校では事件が起きる

ラブレター

国語 作文

私はあなたを振り向かせようと必死だった。あなたが好きな物は何でも追いかけた。食べ物でも、本でも、映画でも、洋服でも、何でも。すべてをあなたと重ね合わせようとした。そのためなら何だってできた。本当にあなたが好きだったから。


でもあなたはぜんぜん振り向いてくれなかった。むしろ私を嫌っていたね、二度と俺の前に現れるなって言ってね。
けど…私はあなたから離れたくなかった。だって、あなたの力になれると思ったから。私はこの世界の誰よりもあなたのだめな所を知っているの。それを正すことができるのは私だけ。あなたのためにそばにいるの。嫌がらせをするためにいるわけじゃないのよ。




俺の前から消えてくれって?無理よ。うふふ。
だってあなたと私はもう離れられないのよ。
前に私言ったよね。「生まれ変わったら、私はあなたのニューロンになるの」って。

心配しなくて大丈夫。もうあなたが嫌がることはしないよ。だってあなたの風景はもう私のものになったんだから。


                                                                                                  • -

ラブレターを書くいい機会だったので書いてみた。

http://d.hatena.ne.jp/extramegane/20071207/1197008561