読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日直地獄

小学校では事件が起きる

胃の風邪

保健 日誌

今日で2日連続で仕事を休んだ。
土曜日から、胃の辺りがきゅうきゅう痛みはじめ、夜中には猛烈な寒気に襲われたので、風邪引いたかなーと思いながら寝た。
日曜日の朝、寒気は治まっていたので風邪は気のせいだったと思い(胃の辺りはまだ随分痛かったが)、天気のよさもあって中目黒辺りまで散歩した。目黒川沿いは花見の人で溢れかえっていた。腹が痛いのに腹を下していないのに、散歩中も上腹部が痛いのが不思議だ。イカイヨウという言葉が頭をよぎった。
夜が近づくにつれ、また寒気がぶり返してきた。念のために体温を測ってみると38度6分をマーク。あまりに寒いので布団乾燥機を取り出し、ホースを布団の中に突っ込むパワープレイをみせる。寒気はなくなったが、これは暑い。体はわがままである。
月曜の朝、仕事を休むことを連絡してから病院に行った。万が一を考えて胃腸科がある病院に行った。臆病者でがんす。診断は、「胃の風邪みたいなものです。胃にウイルスが入って、それが原因で胃が痙攣していると考えられます。今後おなかを壊しますので気をつけてくださいね」とのこと。
そして現在、見事に腹を下している。医者すげえ。あと相変わらず腹は痛い。どうにかならんかな。仕事場のトイレを占拠しないかどうか不安だわ。