読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日直地獄

小学校では事件が起きる

米陸軍サバイバル全書おもしろかった

米陸軍サバイバル全書 [新版]

米陸軍サバイバル全書 [新版]

極めて実践的なサバイバル技術が書いてある。知らないことばかりが、詳細に書かれているため読むだけで非常に楽しい(というか今のところサバイバル状態に陥る予兆は無い)。章立ては以下の通り。

第1章 はじめに
第2章 サバイバルの心理学
第3章 サバイバルプランニングとサバイバル・キット
第4章 基本的なサバイバル医療
第5章 シェルターを作る
第6章 飲料水を確保する
第7章 火を使いこなす
第8章 食料を調達する
第9章 植物のサバイバル利用法
第10章 有毒植物から身を守る
第11章 危険な動物を避ける
第12章 武器・道具・装備を確保する
第13章 砂漠でのサバイバル
第14章 熱帯でのサバイバル
第15章 寒冷地でのサバイバル
第16章 海上でのサバイバル
第17章 渡河技術をマスターする
第18章 野外で方位を確認する
第19章 救助信号を送る
第20章 非友好地域でのサバイバル
第21章 偽装技術を学ぶ
第22章 現地住民と接触する
第23章 核・生物化学兵器から身を守る

それぞれの技術が図解付きで詳細に記載されていて思わず試したくなる。紹介される技術のバリエーションもいちいち豊富で、例えば仕掛けワナについては、簡易仕掛け・引きずり式輪縄・引き上げ式・引き上げ仕掛け・リスの棒柱ワナ・オジブワ式止まり木ワナ・輪縄棒・バネ式踏み子仕掛け・四の字型落下ワナ・パイウテ式落下ワナ・弓ワナ・野ブタの長槍仕掛け・底広ワナなど多数紹介されている。飲料水の確保法に記載されているバナナの切り株から水を採る方法なんかおそらく一生試す機会はないだろう。が、試してみたくなる。

知識周りもいい情報が掲載されている。頭部から失われる体熱は全体の40%〜45%という情報は、明日にも役立つ。禁忌事項もいい。例えば、極寒地で雪や氷をそのまま食べるな(体温を奪い、より脱水症状が進むから)、尿・海水は絶対に飲むな(尿は有害な老廃物と2%の塩分、海水は約4%の塩分を含み1リットルの海水から生じる老廃物を排泄するのに2リットルの体液が必要になるため)など、理由までついて来るのがありがたい。「非友好地域でのサバイバル」などの項目は米軍感が出てて良い。


この本はディスカバリーチャンネルでやっているサバイバルゲームという番組の副読本として読んでおくと、より番組が楽しめる、と思う。本書で見たシェルターと同じ作り方をしているところを見て喜んだり、ミミズを生で食べるベアグリルスを見て、きれいな水に数分間入れた後食べたほうが良い、というサバイバル観点でツッコミを入れてみたり、この状況なら俺はこうするというサバイバル状況の想定訓練として役だったりするからである。

サバイバルゲーム MAN VS. WILD シーズン1 DVD-BOX

サバイバルゲーム MAN VS. WILD シーズン1 DVD-BOX


「サバイバルゲーム MAN VS. WILD」究極サバイバル術を紹介する特別映 ...