読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日直地獄

小学校では事件が起きる

視聴覚

NHKスペシャル 大アマゾン第4集を見た。現代文明と接触のない部族と最初の接触のシーンから良い。弓矢をひいた状態で臨戦態勢の状態、船にバナナを乗せ渡し、向こうからも物品が載せられ送られる、動物の真似などでの共通項を発見しコミュニケーションを発生させる、まさに異文化接触であった。いつ手のひらが返るかわからない緊張感があった。今月の22日くらいに全集再放送されるらしいので絶対見る。

それはそうとして、ペルーの男性が部族に弓矢で射殺されるという事件が紹介されていた。殺された場所はもともと100年前に文明と接触し自給自足の生活をやめて文明社会向けの宿泊施設の経営で外貨を稼ぐように転向した集落だったのだけれど、当然観光客は居なくなり、集落が成り立たなくなった。村民は未接触部族を殺すと息巻いていたけれど、当然政府は許さないし処罰される。
しかし、このような事件に関して(本件に関しては実行犯は推定はされるが不明である)、どのように政府は動くのか、どういう法律のもと動いているのか気になった。日本においてはどのように対応されるのだろうか。

映像化イメージ

未接触部族が突如現代日本の新宿に現れ、高台からサラリーマンを次々と矢で射殺していく。そのような報を受けた政府は対応を協議する。
「殺害するか捕獲するか」
「えー、外形からして人間であることは間違いないですし、人道上の問題が…」
「彼に人権はあるのかね」
「国民としての権利はともかくとして、自然権はあるかと」
「うーむ」
「それでは彼は、責任能力がないのか?」
「彼は成人しているように見えます」
心神喪失状態か?」
「彼は彼なりの社会性を持っているように見えます」
「うーむ」
「大変です。B会議室から部族が現れました!」
大慌てでヘリに乗り込む一行。ここで部族の槍が放たれエンジンを直撃。爆発四散する。



どうしたってシン・ゴジラに引っ張られる。