読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日直地獄

小学校では事件が起きる

国語

最近三省堂で定価で買ったのにアマゾンで2700円だった。少しうれしい。

小説新潮 2007年 11月号 [雑誌]

小説新潮 2007年 11月号 [雑誌]


ささやかれた物語(抄)
まだよんでなかった。すばらしいのを読んでなかった。
水という編の

浅いところでは、味のいい藻がとれた。魚は蛋白質だから、からだにいい。

行者がどうなったのかは、わからない。どこかの川で、おぼれたのではないかな。

一見やさしいけどやさしくない。無機的でないのに凄く冷たい。暖かなシュールとでも言いましょうか。


星新一は最後「話」と言う編で、これらの話は、内部から湧くという感じではなく、何者かが乗り移り物語が頭の中に語られ生まれたと言う。この「何者」こそ経験や知識を乗り越えた、星新一本体、である気がしてならない。星新一のゴースト。