日直地獄

小学校では事件が起きる

この2-4月ごろは、目が痒くなったり、くしゃみ鼻水が止まらなくなったりしませんか…?


不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。



その原因は…



花粉なのです!


なぜ花粉が…?不思議ですよね…?今回、私が調べてみたので、詳しく説明します!




…。舌下免疫療法を試そうと思っては、開始時期にはすっかりと失念しており試せずにいる。そしてこの時期が来て後悔している気がする。
とはいえ、最近の花粉対策は、アレグラとワセリンで安定しており、ワセリンはかなり効き目がある気がする。子供用に買っていた白色ワセリンが余っていてそれを使えるのも良い。

ワセリンは目(not眼球)と鼻の中に塗っている。目の周りがテッカテカになってしまうのが嫌な人もいるだろうが、そもそもリモートワークで人に会わないし、花粉症が辛いのよりマシなはず。

ステンレスシンク用のガラスコーティングが結構いいという話をどこかで読んだので、

を購入した。
シンクにコーティングするついでに我が家のコーナーポットであるところのこれにもガラスコーティングを施した。ステンレスなんだけど割と汚れが付きやすいので気になっていたのだ。

結果的には、シンクへの効果は期待はずれだったが、コーナーポットにはよく効いた。野菜の皮や汚れがつきにくくなった。違いが出たのは、おそらくステンレスの特性が違うからだと思う。

長男がヨシタケシンスケの絵本が好きっぽい。勝手に絵本を取り出して読んでたりするし、本屋に行くと黙読していることも多い。他の絵本ではあまり見られない光景であるので、なるほど好きなんだなということがわかる。

もう ぬげない

もう ぬげない

僕はなぜか、思索に耽っていくスタイルにちょっと苦手感があり(でも面白いとも思う)、本当に子供は喜んで読むのかよと思っていたのだが、実際に子供はめちゃくちゃ楽しんでいるので、ひねくれていたのは俺だったんだな、という気分になった。

引き続き2歳の次男が湯船の水を口に含み、湯船の外にブーと吐き出す運動を続けているのだけれど汚いのでやめてほしい。
それはそれとして、結構吐き出すのが上手で感心するところもある。息のコントロール全般が上手な感じがする。霧状にはなっていないのでまだまだという感じだが、子供が毒霧できるのに親ができないと恥ずかしいので、毒霧マスターしたい。
多分こういう感じだと思う。
f:id:AirReader:20210216100207j:plain

  • 唇は閉じ気味
  • 水を口に含みすぎない
  • 水の表面を強く吹き付ける

子供にScratchを触らせている日記

子供に習い事何がしたい?って聞くと「機械」と返ってきた。ゲームに興味あるのかな?と思ってプログラミングなら多少教えられるよという話をしたところ、興味津々だったのでScratch触れせてみるか、となった。

ものを作ろうとしたときには、まずは設計図が大事、また、そもそも5.1歳なので、設計図を作ること自体*1がプログラミング的思考であると思う。ということで、つくりたいものを聞き取りながら設計図をかいた。

f:id:AirReader:20210202091144j:plain:w500
気を抜くと漢字が出てきてしまう図

Scratchは、私が初めて触るので慣れないところもありつつ、ほぼ無事設計図通り、さらにボタンを押すと子供の絶叫も加えて、バナナが回転しながら箱から飛び出してくるゲームが完成した。次男にボタンを押させて自慢していた。

難しいところ

  • 一通りこちらで型を作ってから、子供にコードを改造させて遊んでもらおうと思ったけど、それも結構ハードルが高い
    • ブロックのつながりを声で読ませてみたりとか音を出しているブロックはどこかな?とか、プログラムの繋がりを意識させようとしているが、理解まではまだ距離がありそう。まあゆっくりやっていこうと思っている
  • バナナ以外を飛び出させようとしたけど、意外と難しい
    • スプライト間はメッセージで通信するんですね。この概念を説明するのはそこそこ難しい気がする。バナナ以外のものを飛び出させるにはこれが必須?
    • 確率の話。箱にくじが入っていて当たりの数がいくつ入っているかということみたいな説明をしたが、まあ難しい。乱数というのも難しい。
  • 壊れたMacBook Air(2011)。キーボードのAの列、A以外が壊滅している問題。外付けキーボードで対応しているが不便すぎる。

*1:何をしたら何が起きるかということを考える必要がある